SE
受付終了

1/31開催セミナー 『NPSで2018年のチームが強くなる』

~現場力、組織力、企業価値を向上させた活用事例をご紹介~

セミナー内容

近年、日本でもNPS(Net Promoter Score 推奨意向)が注目を集めています。しかし、成果に結び付けるためにどうしたらよいか、悩んだことはありませんか。
NPSは、店舗運営、人事、マーケティングのご担当者の間で、売上向上のための共通言語として興味を持たれているものの、ツール導入後の運用について不安の声も聞かれます。
そこで、今回は当社のパートナーで、NPSの活用とPDCAサイクル定着のプロフェッショナル集団であるトータルエンゲージメントグループ様をお迎えし、NPS活用事例や米国の最新動向を中心に、NPS導入をどのように成功に導くのか、事例を交えて運用ポイントをご紹介していただきます。
NPSを単なるツールとしてではなく、そこからヒントを見つけ、打ち手にどう落とすか。
2018年のチーム、現場の活性化に是非お役立てください。

プログラム
講演 第一部
16:00-17:00

海外のベンチマーク調査によって見えた成功と失敗の理由とは
講師:池田 順一 トータルエンゲージメントグループ 代表取締役社長
講演概要:米国企業の経営におけるNPS調査の活用についてご紹介します。
(質疑応答を含みます。)

講演 第二部
17:00-17:10

ショッパーズアイ ご挨拶、サービス紹介
講師:矢内 準也 株式会社ショッパーズアイ セールス&マーケティングチーム リーダー

講演 第三部
17:10-17:30

売上向上接客のための調査を打ち手に
講師:鈴木 比砂江 ビジューライフ株式会社 代表取締役社長
講演概要:ルイ・ヴィトンやマクドナルドでの接客ノウハウを反映した調査の活用により、調査を設計と打ち手を結び付けて最大の効果を発揮します。売上が上がる接客にて成果を挙げた成功事例ついてご紹介します。

17:30-19:00

終了後に名刺交換会、ご相談会を実施

セミナー概要

開催日時
1月31日(水)16:00~17:30(15:30受付開始)
講演者
池田 順一   株式会社トータル・エンゲージメント・グループ 代表取締役社長
矢内 準也  株式会社ショッパーズアイ 調査グループ セールス&マーケティングチーム リーダー
鈴木 比砂江 ビジューライフ株式会社 代表取締役社長
場所
株式会社クロス・マーケティンググループ内 CMGセミナールーム
(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー26F)
参加費
無料
持ち物: お名刺を2枚お持ちください。
いただきました個人情報は、お申込みいただきました会社とセミナー主催会社とで、セミナー・各種サービスのご案内・営業活動のために利用いたします。
定員
満員御礼 受付を終了いたしました。
100名様
定員を超え次第、抽選とさせていただきます。
※同業種の方のお申し込みはご遠慮ください。

講師紹介

池田 順一   株式会社トータル・エンゲージメント・グループ 代表取締役社長

<略歴>
大学卒業後、パソコン商社に勤務。ネット黎明期の1994年に起業し、ネットとマーケティングをテーマに幾つかの事業を起業。2000年ヤフー・ジャパン 社に事業売却。その後日本初のデジタルキャンペーン事業をセプテーニ社に売却。その後も、いくつかの成功と失敗を経験し、2005年に再度起業。企業と顧客の絆=「エンゲージメント」に着目し、NPS調査からソリューションまで総合コンサルティングサービスを提供。小売・サービス業を中心に「es(従業員満足度)起点のマーケティング支援」を支援していおり、店舗数としては年間数千店舗の改善活動を行う。 著書に「お客を増やす努力をやめなさい!〜安売り、ブラック化から抜け出すたった1つの売り方」(2015年12月日経BP刊)

【株式会社トータル・エンゲージメント・グループ】
http://total-engagement.jp/

矢内 準也  株式会社ショッパーズアイ 調査グループ セールス&マーケティングチーム リーダー

飲食店・アパレル・携帯ショップ・カーディーラー・ドラッグストア・エステサロンなど、幅広い業界のお客様を担当。お客様の声を集めるため、年間約50社に覆面調査の実施、および調査結果を元にしたサービス改善活動の協力を行っている。

鈴木 比砂江 ビジューライフ株式会社 代表取締役社長

経歴:大学生時代にマクドナルドでアルバイトを始め、接客コンテストで全国1位受賞。
大学卒業後、ルイヴィトンへ入社。入社後3か月は全く売れず、店舗スタッフ70名の中でも、また同期の中でも下位で挫折を味わう。
3年目に年間売上2億円を超え、全国1位を獲得。売りにくいとされる高額商品の販売数でも全国トップとなり、表彰される。
現在は「売上を伸ばす接客法」を広めるべく活動中。