SE
受付終了

9/15開催セミナー 『従業員が自ら行動するためのCS調査の活かし方』

セミナー内容

お客様のインサイトを把握・理解し、本当に求めている商品やサービスを提供することで顧客満足度を向上させる―――。そういったマーケティングの根本ともいえる顧客中心志向により、CS調査を行う企業が増えてきています。

 

一方で、調査を行った後、どうアクションをしたら良いのかわからないといった課題を抱えている企業が多いことも事実です。どのようにしたら、顧客満足のために従業員が自ら行動するのか、従業員のモチベーションアップに繋がるのかを理解し、実行することが重要になってきます。

 

今回のセミナーでは、実際に多くのCS調査に関わり、従業員の意識・行動喚起を成功させている実務家と、顧客満足度向上に挑戦し続けている企業にご登壇いただき、多くの事例とともにCS調査実施した後のアクションにおけるキーポイントをご紹介していきます。

プログラム
講演 第一部
15:30-16:10

CS調査結果はどう活用すべきか!
講師:塚本 晴樹 プランズマーケティング研究所 代表
講演概要:CS活動の変遷と課題から、CS調査結果を活用した取り組み施策など、これまで携わってきた調査事例を基にして、これから具体的なアクションに落とし込むためにどうすべきかをお話しします。

講演 第二部
16:10-16:25

覆面調査結果の活用事例のご紹介 スタッフ自身が考える力を養う方法とは?
講師:矢内 準也
株式会社ショッパーズアイ 調査グループ セールス&マーケティングチーム リーダー
講演概要:ショッパーズアイで覆面調査を実施した企業での調査結果の活用事例 (「うまく活用できていない事例」と「目指すべき姿」)を基に、スタッフのモチベーションアップやスタッフ自身が考える力を養う方法をご紹介します。

16:25-16:35

休憩時間

講演 第三部
16:35-17:15

三和交通のサービスについて
講師:吉川 永一 三和交通株式会社 代表取締役社長
講演概要:CS向上に向けて実施したさまざまな施策と、施策実施後、どのように社員のモチベーションを上げ、サービス改善を図ったのか、事例を交えてお話します。

17:15-17:30

質疑応答

セミナー概要

開催日時
9月15日(金)15:30~17:30(15:00受付開始)
講演者
塚本 晴樹 プランズマーケティング研究所 代表
矢内 準也 株式会社ショッパーズアイ 調査グループ セールス&マーケティングチーム リーダー
吉川 永一 三和交通株式会社 代表取締役社長
場所
株式会社クロス・マーケティンググループ内 セミナールーム
(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー26F)
参加費
無料
定員
50名様
定員を超え次第、抽選とさせていただきます。
※同業種の方のお申し込みはご遠慮ください。

講師紹介

塚本 晴樹 プランズマーケティング研究所 代表

百貨店ならびに総合スーパーで販売、広告宣伝、販売促進、タスクフォース、社長秘書役、店次長などを経験後、転職した広告・マーケティング会社では、ブランド戦略や各種キャンペーンなどのプロデュースのほか、役員として企業経営に携わる。その後、高校講師を経てプランズマーケティング研究所を設立し現在に至る。主にCS向上、顧客サービス、店舗マネジメントなどを専門領域に指導、講演、執筆活動に携わる。
主な著書に、『CS(顧客満足)活動実践マニュアル』(清話会出版)、『新しい時代の売り方ルネサンス』(日刊自動車新聞社)、『はじめての接客 はじめての商談』(日刊自動車新聞社)、『この店だから買いたい!まかせたい!』(監修/PHP研究所)などがある。

矢内 準也 株式会社ショッパーズアイ 調査グループ セールス&マーケティングチーム リーダー

飲食店・アパレル・携帯ショップ・カーディーラー・ドラッグストア・エステサロンなど、幅広い業界のお客様を担当。お客様の声を集めるため、年間約50社に覆面調査の実施、および調査結果を元にしたサービス改善活動の協力を行っている。

吉川 永一 三和交通株式会社 代表取締役社長

1977年横浜市生まれ。大学卒業後はフリーランスとしてデザイン業に従事。
その後、三和交通に入社し、29歳で代表取締役に就任。
タクシー業界の概念を覆す企画を多数実施し、既存のやり方にとらわれない販促マーケティングや人材募集プロモーションを展開している。