D&M
受付終了

コロナで変わった消費者行動・マインド変化とは?
消費者行動エリアデータと消費者調査から読み解く!顧客ライフスタイル調査報告会

D&M x クロスロケーションズ共催 無料オンラインセミナー7月20日開催

セミナー内容

新型コロナウイルスの影響により、消費者のライフスタイルやマインドはどのように変化したのでしょうか。「ニューノーマルなライフスタイル」として定着していく中、今後も消費者に選ばれるお店・商品として成長していくためには、より一層の消費者理解と新たなライフスタイルに合わせた「マーケティング戦略」が不可欠です。そこで、ディーアンドエムとクロスロケーションズは、位置情報ビッグデータを活用したライフスタイル調査を全国規模で実施しました。本セミナーでは、調査結果を元にビッグデータ解析と顧客アンケートで見えてきた「ニューノーマルなライフスタイル」をご紹介します。

≪こんな方におすすめ≫
・顧客理解を深めたいマーケティングご担当者様
・市場調査や競合比較を商品企画へ活かしたいご担当者様
・販売促進や販売店支援などのご担当者様

≪紹介予定の調査結果≫
スーパーマーケットに於ける頻度、時間帯別利用傾向の変化
チェーン店別 選ばれる理由、選ばれない理由
コロナ影響でよく行くようになった店舗、よく買った商品

プログラム

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により 人々の生活は新しいステージを迎えています。 消費者のライフスタイルが大きく変わる中、 メーカー販促担当者様、流通業店舗開発担当様は どのようなマーケティングが必要になるのでしょうか?

17:00-17:20

第一部 『位置情報を活用した、「今」やるべき新しいカタチの販促戦略!? 』
株式会社ディーアンドエム
マーケティングプランニング局 局長  田中薫
第一部では、クロスロケーションズ社が提供する 位置情報ビッグデータ分析プラットフォーム「Location AI Platform™(LAP)」と ディーアンドエム社が取得した調査データを組み合わせることで実現できる 新しい課題解決モデルを具体的にcaseごとにご紹介いたします。

17:20-17:50

第二部『クロスロケーションズ×ディーアンドエム 顧客ライフスタイル調査報告会 』
クロスロケーションズ株式会社
マーケティングディレクター兼プロフェッショナルサービスディレクター 濱田 知行
第二部では、 関東圏を中心にランダム抽出したスーパーマーケットチェーン277店舗の商圏エリア居住者に約2000名に調査を実施。 新型コロナウイルス感染拡大以前後で、店舗利用傾向の変化があった地域における変化を分析した事例をご紹介します。

17:50-18:00

第三部 質疑応答

セミナー概要

開催日時
7月20日(月)17:00~18:00
講演者
濱田知行(はまだともゆき)
田中薫(たなかかおる)
場所
zoomを利用したオンラインセミナーです。
参加費
無料
定員
100名(※定員を超えるお申し込みがあった場合、抽選となります。残念ながらご視聴ができない場合はこちらから対象の方へご連絡致します。)

講師紹介

濱田知行(はまだともゆき)

クロスロケーションズ株式会社
マーケティングディレクター兼プロフェッショナルサービスディレクター
株式会社サザビーリーグ、大手GISメーカーでのコンサルティングを経て現職。
スターバックスジャパンの元親会社で、ロンハーマンでおなじみのサザビーリーグではカフェ事業の事業戦略や海外事業のマネジメントを歴任。前職ではクライアントの保有データを生かし、店舗再配置から販促プロモーション、ビジネスモデルの最適化まで、部門最適を全体最適につなげる横断型組織プラットフォームの導入コンサルティングなどを行う。

田中薫(たなかかおる)

株式会社ディーアンドエム
マーケティングプランニング局 局長
2007年株式会社クロス・マーケティング入社、
大手メーカー(日用品・化粧品・飲料等)の商品開発やマーケティング戦略策定、
コミュニケーションのPDCAに付帯するリサーチ業務を経験。
2019年より株式会社ディーアンドエムに参画し、
クライアント課題に対するデジタルを活用した広告施策、広告施策の成功確度を上げるためのリサーチ・分析に従事。