CMG
受付終了

7/11 開催セミナー『消費・購買のトレンドと店舗環境におけるキーファクターを掴め』

サブタイトルが入ります。サブタイトルが入ります。サブタイトルが入ります。

セミナー内容

店舗で生活者が無意識に取る行動は、マーケティング戦略を立案する上で、数多くのヒントが隠されています。例えば、店頭でまず何を見ているのか、商品の機能にどの段階で興味をもつのかなどもそうです。それらの行動から見えてくるヒントを探っていくには、丁寧に生活者の意識や行動を紐解いていく必要があります。

一方で、年々、生活者の消費・購買行動は多様化し、そこに潜む意識が見えにくくなっています。そのようなさまざまな嗜好を持つ生活者が、さまざまな商品を「検討しよう」と意欲を持ってもらうのはどのような店舗か。商品にポジティブな印象を与えるには、どんな仕掛けが必要なのでしょうか。

エンバイロセルの独自メソッドが解き明かした生活者の行動とこれまで蓄積してきた知見、社会の高齢化や海外ツーリストの動きなどから見える昨今のトレンドから、消費・購買と店舗環境におけるキーファクターをご紹介していきます。

セミナープログラム
13:30 -

開場・受付開始

講演 第1部
14:05 - 15:05

The Evolution of Global Consumption
消費・購買行動の世界的革新(または潮流)

講師:パコ・アンダーヒル氏
米エンバイロセル CEO

著作
『なぜこの店で買ってしまうのか?-ショッピングの科学』『なぜ人はショッピングモールが大好きなのか』『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? : 世界で売れる秘密』等

世界各地で進む高齢化を踏まえたシニア自身の生活と周囲の方たちに訪れる変化やローカル化とグローバル化、海外ツーリストのショッピング行動など、昨今話題に上ることの多い、市場環境の変化について、消費・購買の観点から語ります。
※同時通訳あり

15:05 - 15:15

休憩(10分)

講演 第2部
15:15 – 16:15

店舗環境の変化と購買行動の関係
講師:福田弘二氏
エンバイロセルジャパン株式会社 代表取締役

これまで、携わってきた調査実績により、生活者が店舗に入った瞬間からその動きにマーケティングのヒントがあることが分かってきました。近年の市場変化や消費・購買トレンドの変化を踏まえ、どこにヒントがあるか、何を考えればよいのかをお話します。

16:15 – 16:30

質疑応答

セミナー概要

開催日時
7月11日(火)14:05 – 16:30
講演者
株式会社クロス・マーケティンググループ クロスラボ 主席研究員 水師 裕
株式会社クロス・マーケティング リサーチプランニング部 エグゼクティブリサーチャー 梅山 貴彦
場所
【会場】
TEPIAホール(〒107-0061 東京都港区北青山2-8-44
【アクセス】
東京メトロ銀座線 外苑前駅3番出口から徒歩4分
JR 千駄ヶ谷駅、または信濃町駅から徒歩14分
都営大江戸線 国立競技場駅から徒歩11分、
または青山一丁目駅から徒歩9分
参加費
無料
定員
定員200名様

講師紹介

株式会社クロス・マーケティンググループ クロスラボ 主席研究員 水師 裕

紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。

株式会社クロス・マーケティング リサーチプランニング部 エグゼクティブリサーチャー 梅山 貴彦

紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。紹介文が入ります。