SaaSを提供するスタートアップを対象としたアクセラレータープログラム『B-SKET』
Batch4 Demo Dayにて弊社代表・五十嵐が登壇



10月2日、株式会社ベーシックが主催する、SaaS※を提供するスタートアップを対象としたアクセラレータープログラム「B-SKET(ビスケット)」の成果発表会「Demo Day」にて、弊社の代表取締役社長兼CEO五十嵐 幹が登壇しました。

このプログラムは、主催:株式会社ベーシック、協賛:株式会社ファインドスターグループ、株式会社クロス・マーケティンググループの3社で実施しているもので、実践的なメンタリング/事業開発サポートを通じて、短期間で採択企業の事業価値を最大限に高めることを目的としています。
※SaaS:Software as a Serviceの略。クラウドで提供されるソフトウェアサービスのこと。

登壇テーマは『激変する環境で成長し続ける極意 3度の不況を乗り切り100億超えの事業を作る秘訣』。直面した危機をどのように乗り越えてきたのか、売上100億円を超えるために転換したポイントなどを、自身の経験を交えながら、株式会社ファインドスターグループ代表取締役社長 内藤真一郎氏と共に講演しました。



また、採択企業に向けて“危機はチャンスである”、“信念をどれだけ強く持てるか”とメッセージを伝え、今後の事業成長にエールを送りました。

B-SKETプログラムは、2021年1月より第5弾がスタートする予定です。クロス・マーケティンググループでは引き続き、協賛企業としてサポートしてまいります。



(参考)本件に関するプレスリリース ⇒ https://basicinc.jp/pr/20201009