Cross Marketing Group
クロス・マーケティングIR情報

  • 文字サイズ

経営方針

IR情報開示方針

当社は、株主、投資家の皆様に対し透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報開示に努めます。情報の開示にあたっては、東京証券取引所「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」という。)に準拠し、情報開示を行います。また、重要情報などの適時開示規則に該当しない情報につきましても、適時かつ積極的な情報開示に努めます。

情報開示の方法

金融商品取引法及び証券取引所が定める適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)などに登録し開示します。また、上記以外の情報などについても、当社が重要であると判断したものは、当サイトを活用することで、広く一般に情報が入手できる環境を整備します。

情報開示の体制

スポークスパーソン

当社は、公平な開示を行うため、当社は、公平な開示を行うため、CEO、CFO、グループ経営戦略部部長、課長、IR担当をスポークスパーソンとします。

将来の見通しについて

当社が開示する情報には、業績予想等将来の見通しに関する内容が含まれる場合があります。これらは現時点で入手可能な情報に基づく当社の判断による将来の見通しであり、経済情勢や市場動向の変化等の外的要因によって大きく異なる結果となる可能性があります。

沈黙期間について

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日(四半期を含む)の翌日から決算発表までを沈黙期間としております。この期間中は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中であっても、投資判断に多大な影響を与えると判断した情報や重要事実が発生した場合は、この限りではありません。

その他

当ウェブサイトにおける情報のご利用にあたっては、本IR情報開示方針だけでなく、免責事項も合わせてご参照下さい。
ページの先頭へ